2011年06月08日

任天堂没落の始まりか?「Wii U」が大不評でSONYの「プレイステーション・ヴィータ」は黒山の人だかり!?



任天堂は、DSのヒットで助けられて同路線をひたすら踏襲してきたのだけど、
前作のDS3Dもいまいちパッとせず、今回発表した「WiiU」にいたっては、
米ロサンゼルスで開催されている世界最大規模のコンピューターゲーム見本市『E3 2011』で、次世代『Wii』を発表した任天堂の株価が急落しているというのだ。8日午前の安値は約5年ぶりの低水準だという。(引用:ニンテンドー「WiiU」発表後に株価急落「失望感から売り先行」 – ロケットニュース24(β)

が示すとおり、大不評を買っているとのこと。

ドコモ提供親としては「外で遊べ」と言いたくなるほどゲームに夢中の子供たちがいたとしたら、どうにも情けなくなるに違いないですよね。

ゲームを何に活用するか。

ロボット技術にしてもそうだけど、日本のエンジニアは高度な技術をもっていても
世界的な視野に立てるアイデアを持っている人は数少ないのだとか。

今後の彼らの新しい提案に、期待しましょう。
山羊座


【0609追記】
実はソニーの「プレイステーションVITA」も、そんなにたいしたことないらしい。
目新しいのは「裏タッチ」くらいなもので、出来ることといったら「iPhone」で既に出ているようなものばかりという話。(【E3現地取材】ウワサのPSVITA、さっそくいじくってきたぞ! / ぶっちゃけそこまで感動しなかった – ロケットニュース24(β)
なーんだ、そうだったのか。。。ですね。

わーい(嬉しい顔)
posted by mite356 at 21:26 | エンターテインメント
スポンサーへのリンク
▲ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。