2011年06月05日

アジア勢初の全仏テニス女子シングルス制覇!中国の人



全仏テニスの歴史に、新しい偉業が書き込まれることになりましたね。
中国の李娜(Na Li、ナ・リー、中国)が前回大会覇者で第5シードのフランチェスカ・スキアボーネ(Francesca Schiavone、イタリア)を6-4、7-6で破り優勝しました。


わーい(嬉しい顔)
テレビ放送がWOWOWなので、入院中の自分は見れないのが残念。

アジア勢が四大大会シングルス優勝を果たしたのは男女を通じて初めてだということで、今後、日本人も世界のトップに立てる可能性があることを中国の人が証明してくれました。

29歳での全仏制覇は、とても素晴らしいと思います。

李 娜(リー・ナ、ピン音表記: Li Na, 1982年2月26日 - )は、中華人民共和国・湖北省武漢 出身の女子プロテニス選手。2011年の全仏オープン女子シングルス優勝者。自己最高ランキングはシングルス4位、ダブルス54位。これまでにWTAツアーでシングルス5勝、ダブルス2勝を挙げている。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。身長172cm、体重62kg。(引用:李娜 - Wikipedia
posted by mite356 at 17:54 | スポーツ
スポンサーへのリンク
▲ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。