2010年11月11日

YouTubeに専用チャンネルがあるラーニア王妃



王妃なのにYouTubeに専用チャンネルがあって、毎日の様子が公開されているなんてすごいと思う。
日本じゃあ開かれた皇室なんていうけれど、これにくらべると足下にも及ばないって感じだ。

YouTube - QueenRania さんのチャンネル (http://www.youtube.com/QueenRania

クウェートでパレスチナ人医師の娘として生まれ、カイロ・アメリカン大学で学び、湾岸戦争後にヨルダンに移住。大学を卒業後に1991年からシティバンクに勤務。ある日、知人のパーティで知り合ったアブドゥッラーと半年間の交際を経て1993年6月10日に結婚。現在4人の子供がいる。 キャリアウーマンとしての経歴を生かし、国内に女性のための職業訓練学校を作ったり、児童虐待防止を推進したりと女性と子供の地位向上のために貢献している。2007年よりユニセフ親善大使(Eminent Advocate for Children、著名児童地位向上擁護者)として子供の地位向上のために努めている。2010年には自身の経験を基にした絵本作品「サンドイッチ・スワップ」を出版、売上は全てヨルダン国内の学校の整備に使われることとなっている。
ラーニア (ヨルダン王妃) - Wikipedia


こんな王妃さんがいたら、国民は楽しいし誇りがもてるだろうね。
今年最も活躍したとして「2010ウーマン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたのは、なんら不思議はありません。

公式ウェブサイト
Rania Al Abdullah (QueenRania)

posted by mite356 at 07:43 | エンターテインメント
スポンサーへのリンク
▲ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。