2010年11月11日

タイトルに「本当の」と付いている本当の意味



このビデオのタイトルにわざわざ「本当の」とつけている理由は何だろうかと考えてみた。
ヨットとはいえ船をかじった人間から見たら、海保の船が中国の船の針路に巧みに航跡を重ねるように操船されていることがわかる。

つまり、それは海保の船が

衝突を誘うような位置取りをしていたんじゃないかと思われるってことだ。

このあたりに「本当の」とタイトルにつけられていた意味が込められてるんじゃないだろうか?

ビデオのすべてを見ていないからなんともいえないのだけれど、すくなくともテレビで放映されていた衝突の瞬間をみるに、海保の船の航跡と中国船の針路はクロスしているように見えるから、

あの運動性能のいかにも悪そうな中国漁船の動きに対して、運動性能の高い海保の巡視船が衝突される状況になる時まで対応できないってことは考えられず、「衝突」という事実を作りたかっただけじゃないのかっていうふうにも見て取れるのです。

おそらくは、良くわかってる人がすべてのビデオを見れば、それがどうなのか判断できると思うし、最初、ビデオの公開を渋っていたのも、きっとそんなところに理由があるんじゃないかなって、ちょっと思ったりもしたのでした。

※以上は、あくまでも個人的な憶測であり、組織や人にたいする批判や意見ではありません。

posted by mite356 at 06:56 | 事件・事故・災害
スポンサーへのリンク
▲ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。