2010年07月19日

2010全英オープンゴルフは新チャンピオンの誕生で閉幕:石川遼は2アンダー27位


セントアンドリュースで開かれていた2010年の全英オープンは、南アフリカのルイ・ウェストヘーゼンが16アンダーで安定したゴルフを見せ今季2勝目、メジャー初制覇をなしとげました。

最終日4アンダーで出ていった谷口のショボさにがっくりきながらも、石川遼くんの勇気ある果敢なゴルフに少し興奮しながらテレビ観戦していましたが、やっぱ遼くんは只者じゃないですね。

雷
この地セントアンドリュースに再び全英オープンが戻ってくるのは5年後ってことのようですが、石川遼くんはラウンド後のインタビューで必ずまた戻ってくることを約束してくれました。

そのときにはきっと、最終日の最終組で優勝争いを演じてくれることと期待しています。

つたない英語ながらも、通訳を断って自分の耳でインタビューに応じ答えている姿がたいへんすがすがしく日本を代表する世界と肩を並べるゴルファーとして今後も活躍してくれることは疑いようもありません。

プレミアム バンダイ
posted by mite356 at 08:05 | スポーツ
スポンサーへのリンク
▲ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。