2010年05月27日

すぎやまこういち氏ら、鳩山首相を公職選挙法違反で告発へ


普天間問題では360度まわって自民党案に戻って現行案という、見事な5月末決着になろうとしている今日この頃ですが、

ハトちゃんおろしの逆風が、春の嵐以上に吹き荒れようとしていますね。

「鳩山首相が公職選挙法違反をしている疑いがある・・・」
そう主張しているのは、『鳩撃ち猟』として運動を展開してきた藤井厳喜氏と西村幸祐氏ら。

首相の告発に関しては、鳩山首相が公職選挙法違反をしている疑いがあるというものだ。昨年の衆議院選挙の際に、鳩山幸夫人と後援会が、有権者らに対してパーティの無料参加券やお菓子を配り、投票依頼を行っていた。これが職選挙法第221条(買収及び利害誘導罪)と第199条(公職の候補者等の寄付の禁止・後援団体に関する寄付の禁止)に違反する疑いがあるというのだ。
鳩山首相を告発か!すぎやまこういち氏を含む3000人の署名提出へ – ロケットニュース24(β)

社民の福島さんも、沖縄にイイ顔して帰ってきたのは良いけれど、何をどうする力も持っているはずもなく、

ふりまわされて泣きを見るのは、いつでもどこでも一般市民ですね。

このなんともうっとおしい状況を、誰が打破してくれるのでしょうか。

posted by mite356 at 15:43 | 政治・経済・金融
スポンサーへのリンク
▲ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。