2009年09月21日

クレヨンしんちゃん作者の臼井儀人さん…散歩に出かけただけなはず…事故とは思えないなぁ


荒船山のがけ下ってところが、いったいどんな場所なのかは知らないけれど、「夕方には戻る」といって家を出たらしいんだけど、そんな危険な場所だったのでしょうか。なんか、事故じゃないような気も・・・
iモードデジタルカメラには最後に転落したがけから下を撮影したとみられる風景が収められていたとのこと。

記者会見で双葉社の島野局次長は「好奇心旺盛で、よく写真を撮る人だった。撮った瞬間、足を滑らせたのでは」と話したそうです。
クレヨンしんちゃん:遺品のデジカメにがけ下撮影した写真 - 毎日jp(毎日新聞)

asahi.com(朝日新聞社):遭難かクレヨンしんちゃん作者が行方不明 - 日刊スポーツ芸能ニュース - 映画・音楽・芸能
近所住民によると、臼井さんと妻は同じ新興宗教の熱心な信者で、多額の寄付も行っていたという。自宅の隣にはその宗教施設もあり、「土地も臼井さんが提供したと聞いている」と話した。別の住民は、この新興宗教をめぐって、入信を反対する母親と臼井さんが「たびたび口論になっていたようだ」と話した。家族間にあった不和が原因で、家を出た可能性も考えられる。また別の住民は「大変な人気作品を抱えており、行き詰まって気晴らしに出掛けたのではないか」などと話していた。


こういう話もあったりするので、単純に「事故」な気がしないのはmite536だけではないでしょうね。

しかし、とりあえず、ご冥福をお祈りいたします。

【追記】
クレヨンしんちゃん神隠し騒動 失踪原因は「エホバ」による家庭内不和?(遺体発見?追記あり):Birth of Blues
このエントリーで解説してあった疑惑。
クレヨンしんちゃんの背景には、このような複雑な事情が隠されていたのですね。ちょっと、驚きです。

クレヨンしんちゃん神隠し騒動 失踪原因は「エホバ」による家庭内不和?(遺体発見?追記あり):Birth of Blues
とまれ、世界中の子供達から愛されているクレヨンしんちゃんロイヤリティの一部が、これまた世界中で「児童性虐待カルト」と揶揄されるエホバに注ぎ込まれていたなど実に悩ましく、作者が稼いだ金をどう使おうが勝手ではありますが、ブランディング的には死亡宣言ですね。


どうでもいいですね。
しかし、商業的に群がってた人たちには大変でしょうけどね。^^;
posted by mite356 at 23:16 | エンターテインメント
スポンサーへのリンク
▲ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。