2009年09月21日

日本でも年内ミツバチ不足か?…夏の天候不順が影響


日本でも、この夏の長雨や低温という天候不順で、ミツバチさんたちが十分な交配ができず困っているという話。
失恋
時事ドットコム:天候不順、ミツバチ繁殖に影響=「年内の不足は回避」−農水省
今夏の天候不順の影響がミツバチの繁殖にも出ていることが明らかになった。農水省が7月、全国の養蜂家約3000戸を対象に行った調査で、「順調に増えている」との回答が693件あった一方、「増えていない」との回答も548件に上った。同省は「年内は深刻な不足は回避できそう」(畜産振興課)としているが、年明け以降不足する事態に備え輸入などの措置を検討する。
 ミツバチは夏の間に十分繁殖させ、秋から春にかけてイチゴやメロンなどの受粉に利用する。同省によると、今夏は長雨や低温でハチの活動が鈍った上、みつの源となる花の開花状況も悪かった。
posted by mite356 at 11:34 | ライフ・カルチャー
スポンサーへのリンク
▲ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。