2009年04月22日

パナソニックのポータブル・カーナビ「Strada Pocket(ストラーダ・ポケット)」カラー投票とモニター販売

パナソニックが6月12日に発売するポータブル・カーナビ「Strada Pocket(ストラーダ・ポケット)」の新製品は、ワンセグ搭載で5型/480×272ドットのタッチパネル液晶を備え、外形寸法が87×129×32mm(縦×横×厚さ)、重量292g(MP200)。地図データは付属の4GB microSDHCカードに保存しています。
ポケットベル
型番をチェックしてみると、CN-MP200DL、CN-MP200D、CN-MP100DL、CN-MP100Dという4つのラインナップをそろえ、MP200シリーズがワンセグ搭載モデルで、MP100シリーズはカーナビ機能のみとなっており、最後の記号のDLとDは、家電量販店むけのホームキット(ACアダプタと家庭用スタンド)を付属しているのがDLで、していないのがDとなっています。

ワンセグ以外の仕様は共通で、地図データをGoogleマップと連携させる機能なんかも備えている模様です。

現行モデルでは、カラーバリエーションがブラックのみで、

パナソニックの直販サイト「パナセンス」では、Strada Pocketのカラー投票を企画していて、得票が多かったカラーについては次期モデルのカラーバリエーションとして反映するといいます。


なお同サイトでは、新商品モニター販売という特設ページがあって、現在、各機種100台で合計400台の募集を実施中です。
※応募締め切りは、2009年5月11日(月)13時。

posted by mite356 at 19:23 | ライフ・カルチャー
スポンサーへのリンク
▲ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。